なぜ愛煙者は重度の歯周病にかかるのか

こんにちは。神谷デンタルオフィスインプラントセンターです。
昨日今日と少し寒さが和らぎましたが、油断大敵、風邪など体調管理にはお気をつけくださいね。

みなさん、喫煙が体に悪いことは重々承知のことと存じます。しかし、なぜ、喫煙によって重度の歯周病になってしまうのかご存知ですか?
たばこに含まれる一酸化炭素は血液中の酸素を供給するヘモグロビンと結びつき、酸素の運搬能力を低下させてしまいます。そのうえ、ニコチンが血管を縮めるため歯肉が酸素・栄養不足になります。歯周病菌は空気が嫌いな嫌気性菌なので喫煙により口腔内が酸素不足になっている状態は歯周病菌にとって繁殖しやすい環境なのです。しかも、血管が縮まると歯肉からの出血も目立たず、歯周病を自覚するのも遅れてしまいます。
ある統計データによると、歯周病にかかるリスクは1日10本以上で5.4倍、10年以上喫煙していると4.3倍に上昇、重症化しやすいそうです。さらに!受動喫煙者も歯周病のリスクが高まることがわかってきています。
国立がん研究センターの報告によると、たばこを吸わず、他の喫煙者の被害を受けていない人を基準に比べたところ、喫煙者が3.3倍、家庭でたばこの煙を吸わされている非喫煙者は3.1倍、家庭でも職場でもたばこの煙をすわされている非喫煙者は3.6倍も重症の歯周病になる人が多かったそうです。
では、こうした受動喫煙者の被害がどの程度進行しているのか、目安になるのは歯肉のメラニン色素の沈着です。たばこは歯肉を黒く変えることがわかっています。受動喫煙者も同様で、親の喫煙が子どもの歯肉のメラニン色素の沈着を5倍以上のリスクで増強するとの報告もあります。
こうした喫煙による歯周病の対策としては禁煙が一番ですが、受動喫煙者である方は歯周病になっているのか、歯肉の色は健全なのか、ご不安でしたら一度検診を受けてみてください。
当院でもお気軽にご相談ください。