むし歯の治療

おはようございます神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

 

今日はむし歯の治療についてのお話です。

虫歯が進行していると、歯を削らなければなりません。その場合、できるだけ歯を残すようにします。最近は、見た目の美しさにも配慮した治療が行われるようになってきています。

 虫歯を削る部分が小さい場合、コンポジットレジンという特殊なプラスチックを使った治療が主流となっています。削った場所に直接塗布し、特殊なライトを当てて固めます。削った歯とのあいだに隙間ができにくく、二次的なむし歯の予防も期待できます。金属と同じくらい長持ちし、摩耗したら補修することも可能で、見た目も目立ちません。

 

虫歯の予防は、日々のケアが基本です。また定期的に歯科を受診して、詰め物などをチェックしてもらう事も大切です。

 

参考文献:きょうの健康2017.08

画像引用:http://irasutoya.blogspot.jp/2016/06/blog-post_735.html