あいうべ体操で口呼吸をなくそう!

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
私たちが何気なく行っている呼吸には「口呼吸」と「鼻呼吸」があります。口呼吸をすると口の中が乾燥し、乾いた冷たい空気が細菌やウイルス、ほこりなどの異物とともに直接肺に入ることで、病気にかかりやすくなります。唾液が乾くことはむし歯、歯周病、口臭の原因となります。長時間口を開けていることで、口周りの筋肉の力が低下し、歯並びも悪くなります。
口呼吸の予防と鼻呼吸を促すために、福岡市にある「みらいクリニック」の今井一彰院長が考案した「あいうべ体操」というものがあります。

南日本新聞2018年2月27日朝刊12面より

当院では、みらいクリニックのあいうべカードをお配りしています。衛生士からあいうべ体操のやり方もお伝えしていますので、是非一度ご来院ください。