歯科と金属アレルギー

おはようございます、神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

食品や花粉、ハウスダスト、薬などがアレルギー反応を起こすことはよく知られています。これらは多くの場合、体内に入ったアレルゲンが血液中のアルブミンと結合し、異種タンパクとなって反応を起こすものです。

...

金属そのものがアレルギーを引き起こすことはありませんが、溶液中の金属から電子が抜けだして金属イオンが生じ、多数結合して本来身体が持っていない異種の表皮タンパクができることがあります。これが表皮の免疫細胞やTリンパ球に異物と認識されると、強い拒絶反応になり、口内炎、舌炎、口腔扁平苔癬などになります。
一過性に生じたものはステロイドなどで治りますが、絶えずアレルギー反応を生じるような状況下では治りません。そこに対症療法の限界があり、原因を見つけて根治させる必要が出てきます。金属の詰め物や被せ物を入れてすぐに起こる口内炎や舌炎は金蔵アレルギーが原因の可能性も考えられます。

金属にもアレルギーを起こしやすいものとそうでないものとがあります。起こしやすいのはニッケル、コバルト、水銀、パラジウムなどです。まず起こさないのは銀、金、鉄、アルミニウム、チタン、鉛などです。これらの金属は日用品にも使われていて、触れる機会も多いので注意が必要です。

金属アレルギーが疑われる場合は、パッチテストという検査用ばんそうこうで調べる方法があります。もし金属アレルギーと診断されたら、アレルゲンとなる金属を取り除かなくてはなりません。安心して歯科治療を受けるために歯科医に相談しましょう。

 

引用元:神戸新聞 2017年12月25日 朝刊17面