特製マウスピースで歯周病を効率よく3DS治療!|藤沢インプラントセンター | 神谷デンタルオフィス

特製マウスピースで歯周病を効率よく3DS治療!

こんにちは。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。週末はお天気が優れないようですね。今日中に大事な用事は済ませましょう!
 
歯周病菌など口腔内の病原菌は糖尿病や心筋梗塞など全身疾患の原因にもなることが明らかになっている。
そこで今注目を集めているのが3DS除去療法だ。
虫歯や歯周病の原因菌「悪玉菌」は、歯や歯茎に集中して繁殖する。そこで、患者の歯型に合わせて作成した密封性の高いマウスピースを装着し、その中に殺菌効果の高い薬剤を注入することで、悪玉菌のみを的確に減らす方法が「3DS(Dental Drug Delivery System)」だ。いわば薬剤を効率よく患部へ輸送することで、その効果を最大限に発揮するシステムである。

口腔内の状態が安定した後は、必要に応じ自宅での3DSを行いながら、定期的にクリニックでの徹底したクリーニングを継続。予防管理を行うことが肝要だ。
間違ってはいけないのは、3DSだけすれば歯周病が治り、全身疾患の予防になるのではないという点だ。最初の口腔内クリーニングが非常に重要だ。
 
日刊ゲンダイ2018年2月26日13面より抜粋